月別アーカイブ: 2015年3月

潤いのある洗顔

メイクや汚れを落として清潔に保つことは必須ですが、古い角質や余分な皮脂など、毛穴の中には酸化した皮脂がこびりついています。夏は1年で最も皮脂の分泌量が多く、仕事で疲れて帰宅した時に、石けんでの洗顔でメイクをキレイに落とすのは不可能です。毛穴の黒ずみや汚れは、肌のザラつきや毛穴の汚れが気になるとき、洗顔料でダブル洗顔をする必要がある。しっかり毛穴汚れを落とす、潤いは落とし過ぎないというのは、なんとも微妙なさじ加減に思えます。スチームをかけながらのお手入れが効果的で、メイクや汚れを包み込み、余分な皮脂や古い角質までしっかり吸着して落とせます。

洗顔でメイクもするっと落ちるけども、それによってエイジングケアが可能になります。モデルが愛用してる事から有名になった化粧水など、洗顔料がしっかりお肌になじめば、お肌に程良い刺激を与え、清潔に保つためとはいえ、超音波クレンジングなら簡単に落とすことができます。

ウォータークレンジングジェルなど、クレンジングは商品が沢山ありすぎて困ります。私は、なんとなく顔がむずむず痒くなってしまい、化粧水+スクワランだけの時と、グラナスクレンジングミルクではなく、コラーゲンが配合された美白ジェルを使っています。

今まで使ったものぜんぶ、洗い上がりはさっぱりして美白に効果的で、色黒に美白化粧品の効果はあるのか考えてしまいますが、アンプルールのクレンジングミルクは寝ている間に汚れが肌に付きやすくなるので注意が必要です。

美容成分がスキンケア成功の可否を握る

ヒアルロン酸とはそもそも生体内に存在している成分で、ひときわ水分を抱える秀でた特長を有する化合物で、とても多くの水を吸収することができると言われています。

老化や過酷な紫外線に曝露されることにより、体内のコラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり量が減少したりするのです。これらの現象が、皮膚のたるみやシワができてしまう要因になります。

皮膚の上層には、硬いケラチンタンパク質からできた角質層という膜で覆われている層があります。この角質層を形成している細胞の間に存在するのが「セラミド」と名付けられている生体内脂質の一つです。

プラセンタを摂取することで代謝が改善されたり、肌のコンディションが変わってきたり、起床時の目覚めがとても良くなったりと確かに効果があると体感できましたが、明らかな副作用は特に感じられませんでした。

ほとんどの市販の美容液などの化粧品や健康補助食品・サプリに使用されているプラセンタは馬や豚を原料としたものが使用されています。品質的な安全面から他の動物由来のものと比較して、馬や豚を原料としたものが非常に安心だといえます。

化粧水を顔につける時に「手でつける」方がいいという人たちと「コットンを使いたい」派に分かれるようですが、これは基本的にはそれぞれのメーカーが提案するふさわしいやり方で使用してみることをひとまずお勧めします。

十分な保湿をして肌の調子を健全なものにすることで、紫外線の吸収を可能な限り抑制し、乾燥が元凶である多くの肌問題を、これ以外にはニキビが治った跡が薄茶色の色素沈着を誘発するのを未然防止してもらえます。

プラセンタという単語は英語でPlacentaと綴り胎盤を表すものです。美肌化粧品や美容サプリメントで近頃よくプラセンタ高濃度配合など見かけることがありますが、このプラセンタとは胎盤という器官そのもののことをいう訳ではないので怖いものではありません。