月別アーカイブ: 2017年8月

肌から疲れが抜けなかった

肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォーってそんな感じですよね。だいたいその年代というと、眠っても疲れがとれないようになってきて、口元がさがってきたり、フェイスラインがくずれたりして肌の「疲れ」が客観的にもわかるようになってきます。もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。でも、アラフォーになると回復スピードが落ちるんです。

いえ、回復能力自体が落ちているのでしょう。

肌から疲れが抜けなかったと感じる日も多いのです。抜本的な解決策が必要ですよね。

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。ここはシワが多くなるし、クマが出現しやすく、また中々去りませんから、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢を原因として消えていくと、肌はしぼんでシワとなります。此処では顔だけを見てみますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。肌が薄いタイプの人は、そうでない人よりシワが多くなるそうです。シワができやすい自覚のある人は簡単に自己チェックできますので、確認してみましょう。

そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かもしれません。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。それで、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるのです。

そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしましょう。珈琲、紅茶、緑茶といった飲み物に入っているカフェインは、シミの一因になるとも言われています。肌の多彩なところにシミを拡大させてしまったり、長い間、カフェインを摂り続けていると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。それから、緑茶に含有されるタンニンもシミに悪影響がでやすい成分なのですから、シミでお悩みの方は飲み過ぎない方がいいです。年齢が進んでくるにつれ、肌も伴に年をとっている気がします。

いつしかくっきりしてきた目元の笑い皺やなども加齢によるものと言えますが、本人は早くから気づいていて悩んでいるのです。だんだんとフェイスラインがゆるみ、年輪が肌に残るようになります。いまは優れたUVケア製品が多いですが、昔はさほどカバーできていませんでした。手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわに悩んでいる人も少なくありません。ある程度専門的なスキンケア製品などで肌質の改善が必要でしょう。肌にシワはどうやってできるんでしょうかか。

原因なら、乾燥の影響が大きいようです。エアコンの風に当たりっぱなしになったり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も伴に流してしまった時などは特に要注意です。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、ひんぱんに保湿をすることが肌のためにとても大事なことです。

こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。

持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。美白効果を期待して、レモンを直接顔に貼り付け、レモン果汁とオイルでパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)する方法が以前流行りましたが、お肌には悪影響しかないので、絶対禁物です。
ローヤルゼリーもっちりジェル

レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があります。美白やシミ予防の効果をレモンから得たいと思うなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。

スキンケアは念入りにおこなう方なのですが、その最中にふと思いついたことがあります。

肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかもしれない、ということです。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、炭酸パック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)を試しはじめてしばらく経ち、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわがあまり目たたなくなってきたように思います。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、肌が薄くなります。刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるのみでなく、必要なケアを怠っていると、表皮より下にある真皮層の健康にまで強く影響が表れるようになります。具体的には、お肌のリフティング性能が落ちるので張りが失われてたるみやシワができ、老けた表情になってしまうのです。

肌にできてしまったシミ、どうにかならないかと思いますよね。日々のお肌のお手入れに、プラセンタ(サプリメント、ドリンク、化粧品、ゼリー、育毛剤、医薬品と色々な商品が開発されています)美容液の力を借りています。きれいに洗顔した後の素肌に丁寧になじませ、化粧水、乳液といったものでケアします。プラセンタ(サプリメント、ドリンク、化粧品、ゼリー、育毛剤、医薬品と色々な商品が開発されています)美容液を使いはじめてから、肌のくすみがなくなり、明るい透明感のあるお肌になって、しつこいシミも色がずっと薄くなってきました。

シミに悩む人にとって最大の敵

アンチエイジングはいつから始めるべ聞かと言うととにかく、早いうちからやる事が重要です。遅くとも30代には始めるのが無難です。実際、目の周囲の皮膚は薄いですから、目の周囲の保湿は絶対にしなければなりません。また、化粧品だけにこだわるのではなく、バランスのとれた食生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)をし、日常のリズムをきちんと整える必要があります。一旦お肌に出来てしまったシミなどのトラブルは、簡単に消すことは難しいと数多くの人が考えているようですが、それはあくまで、家庭でのスキンケアに限った話です。レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえば即消すことが出来るでしょう。

もちろん、施術費用はそれなりにかかりますし、特別なケアが治療後には不可欠ですが、シミのことで気持ちが落ち込んでしまうようならば勇気を出して、クリニックでの治療をうけてみてもいいと思いますね。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、あまり知られてはいませんが、ホルモンバランスの乱れもシミに大きな影響をもたらしているのです。実例の一つと言われているのが、近年、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが今や周知の事実です。ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいでしょう。肌が荒れている時に化粧するのは、ためらいますねよね。コスメ、化粧品の使用方法にも肌が正常でないときは使わないでちょーだいと書いてあるものです。とはいいながらも、紫外線対策だけは必ずしておくことをお勧めします。ファンデーションや粉お知ろいなどを軽く塗っておく方が良いです。そして、可能な限り紫外線を避ける生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送るべきでしょう。スキンケアをおこなうときには保湿が一番大切なこととなります。お風呂に入ると水分が肌からどんどん流れ落ちていきます。肌を乾燥から守るために、化粧水と乳液のケアをした後に保湿クリームでのケアをオススメしております。

夜の間に保湿クリームを肌に塗ると朝まで潤った肌がつづき、お化粧のノリも格段に良くなります。

化粧品で初めて使う商品のものは自分のお肌にマッチしているのか定かでないので、使うのに少々躊躇するものがあります。店頭でのテスターなどは不確定な事もありますから普段より少し小さいサイズで、お得な試供品などがあれば非常に嬉しいです。シミをコンシーラーでどうにか隠そうとし立ところ、反対に、シミが気になるようになったことはありませんか?ファンデーションを選択するときは、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようですが、シミをわからなくするためにコンシーラーを購入する際、肌より明るめの色を選択するとシミがさらに際立つでしょう。

コンシーラーでシミを隠したいなら、肌よりわずかに暗い色を選択することが要点です。

ここ数年では、美容に関する家電が普及していておうちで簡単にエステ並みのスキンケアができるのがとても嬉しいことです。私はエイジングケアがか可能な家電に夢中です若いうちからコツコツとエイジングに関するケアをしていると、2,3年後にはお肌のちがいが表れてくるかもしれない思うので、がんばってエイジングケアしていますね。基礎化粧品はお肌に直接つけていただくものなので、効果そのものも当然重要なのですが、素材にもこだわって選びたいものです。

お肌のダメージを抑えるためにも、使われている成分や原材料をよく確認して、界面活性剤の使われていないもの、もし出来ればオーガニック素材の商品を選ぶのが正解です。完璧な化粧も悪くないがそれでも大切なのは持って生まれた美しい肌だと感じます。日々常々丹念に肌を気遣い美肌の可能性を最大限にまで引き出し、いつか生まれたままの素顔でも人前で物怖じしない自信を持ちたいと希望します。